大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 (KEK) > リニアコライダー計画推進室 (Linear Collider project Office)

ILCシンポロゴ

12/15 (土) に開催されたILCシンポジウムおよび設計報告書(最終ドラフト) 完成提出セレモニーは、盛況の
うちに終了いたしました。お忙しい中、UDXの会場にお越し下さったみなさま、また、Ustream配信でご覧
下さった皆様、本当にありがとうございました。あらためてお礼を申し上げます。 当日の写真を掲載いたし
ましたので、どうぞご覧下さい。 尚、このたびのILCシンポジウムおよび設計報告書(最終ドラフト) 完成提出
セレモニーの実行委員長は 高エネルギー加速器研究機構 名誉教授 / ILC国際研究チーム アジア地区ディレク
ターの 横谷 馨 が担当させていただきました。

発表資料:"Progress of Particle Physics and International Linear Collider" (駒宮幸男 氏)
"From LHC to Linear Collider" (Lyn Evans 氏) | "お祝いのメッセージ" (菅原寛孝 氏)

横谷 馨 氏

横谷 馨 氏 Kaoru Yokoya (高エネルギー加速器研究機構 名誉教授 / ILC国際研究チーム アジア地区ディレクター)


駒宮 幸男 氏

駒宮 幸男 氏 Sachio Komamiya (東京大学教授 / 素粒子物理国際研究センター長)


駒宮 幸男 氏の講演

"Progress of Particle Physics and International Linear Collider" 駒宮 幸男 氏 (発表資料)


Lyn Evans 氏

Lyn Evans 氏 (CERN / Professor,Imperial College, London) 

 
From LHC to Linear Collider

"From LHC to Linear Collider" Lyn Evans 氏 (発表資料)


菅原寛孝 氏

菅原寛孝 氏 Hirotaka Sugawara (沖縄科学技術大学院大学、元KEK機構長) (お祝いの言葉)


秋葉原UDX シアター 当日の会場の様子


TDR提出式

ILC 設計報告書最終ドラフト 完成


午後のパネルディスカッション

左から、高エネルギー加速器研究機構機構長 鈴木厚人氏、GDE ディレクター バリー・バリッシュ氏、
リサーチ ディレクタ 山田作衛氏、ILC SC委員長 ジョン・バガー氏、日本創成会議 座長 増田寛也氏、
先端加速器科学技術推進協議会 (AAA) 会長 西岡喬氏 ( 午後のパネルディスカッション )


村山さん+パネラー

モデレータ 村山 斉氏 と6人のパネラー



国際リニアコライダー(ILC)の加速器・検出器チームは2005年の発足以来、ILCの設計・開発研究を進め、本年12月に
設計報告書を完成します。ちょうどこの時期に合わせたように、ことし7月には、標準理論で予言された17種類の素粒子
の中で唯一発見されていなかった「ヒッグス粒子」とみられる新粒子の発見が公表され、ILCの最初の目標が明確になっ
てきました。設計書の完成をうけて,ILCは新しい組織によってその実現を目指します。 この重要な時期をとらえて、今
後の高エネルギー物理の方向、リニアコライダーという大きな計画の展望を、キーパーソンのお二人に語っていただきま
す。このシンポジウムは関連する研究分野の研究者を主に対象として、高エネルギー加速器研究機構(KEK)および高エ
ネルギー物理学研究者会議
の共催で開かれます。多数の研究者の参加を期待いたします。
なお、講演は英語のみ (通訳なし)で、専門的な内容ですが、ご興味のある方はどなたでも歓迎です。

 
日時:2012年12月15日(土) 10:00-12:00 (9:30 開場)
会場:秋葉原UDX Theater (シアター) ( 2Fから4Fへの直通エスカレータにお乗り下さい )


プログラム (講演はいずれも英語で行われます)

グレー矢印 "Progress of Particle Physics and International Linear Collider"
駒宮 幸男(東京大学教授 / 素粒子物理国際研究センター長)
Sachio Komamiya(Professor,Tokyo University/International Center for Elementary Particle Physics(ICEPP))

グレー矢印 "From LHC to Linear Collider"
Lyn Evans (Professor, Imperial College, London)    

グレー矢印 "Congratulations"
菅原寛孝(沖縄科学技術大学院大学、元KEK機構長)
Hirotaka Sugawara (OIST, former DG of KEK)






International Linear Collider (ILC) Symposium
The Accelerator and Physics/Detector teams of the International Linear Collider (ILC) have progressed
the design and R&D works of ILC since their establishment in 2005 and are going to complete their design
reports in December this year. In a good coincidence A discovery of a new particle was reported in July
this year. It looks like the Higgs Boson, i.e.,the only undiscovered one among the 17 elementary particles
predicted in the standard model. This discovery has made the first step target of ILC undoubtedly clear.
In this important occasion we planned lectures by the two key persons of the project about the vision of
the future high energy physics and the scope of the large project "linear Collider".
This simposium is co-corganized by

High Energy Accelerator Research Organization (KEK),
Japan Association of High Energy Physicists (JAHEP).

We hope many researchers to join us.

Date: December 15, 2012 Time: 10:00-12:00
Place: Akihabara UDX Theater → Accsess

ustream Join the Crowd! ILC TV!

Program:
"Progress of Particle Physics and International Linear Collider" Sachio Komamiya (Professor, Tokyo University)
"From LHC to Linear Collider" Lyn Evans (Professor, Imperial College, London)
"Congratulations" Hirotaka Sugawara (OIST, former DG of KEK)

(Lectures in English)





クリックすると拡大画像がご覧になれます。


国際リニアコライダー(ILC)設計報告書完成発表会_UDX

本発表会は、主に報道関係者、AAA関係者、関連する研究分野の研究者を対象とします。


国際リニアコライダー(ILC)の加速器・検出器チームは2005年の発足以来、ILCの設計・開発研究を進め、本年12月に設計
報告書を完成します。この機会に、下記のとおり設計報告書の完成発表会を開催いたします。これは、ILC国際共同設計チーム(GDE)ILC実験管理組織先端加速器科学技術推進協議会(AAA)高エネルギー加速器研究機構(KEK)の共催でおこな
われます。本発表会は、主に報道関係者、AAA関係者、関連する研究分野の研究者を対象とします。当日は報道関係者・AAA
関係者など多数の出席が予想されているため、会場の座席数に制限があり、残念ながら、すでに登録を締め切らせていただきま
した。


日時:2012年12月15日  14:00-16:00(予定) 13:30開場
会場:秋葉原UDX Theater(シアター)
( 2Fから4Fへの直通エスカレータにお乗り下さい ) UDXへのアクセス ustream Join the Crowd! ILC TV!
USTREAM(ライブ中継) 配信を行います。詳細についてはTwitterFacebookでお伝えいたします!
           
           
           



14:00
プログラム
(同時通訳付)
TDR、DBD
提出式
ILCSC委員会議長 
ジョン・バガー
GDEディレクター 
バリー・バリッシュ
RDディレクター  
山田 作衛
パネル討論







16:00
モデレータ





東京大学
カブリ数物連携宇宙研究機構
機構長 村山 斉
パネリスト

ILCSC委員会議長 ジョン・バガー
GDEディレクター バリー・バリッシュ
RDディレクター 山田 作衛
高エネルギー加速器研究機構
機構長 鈴木 厚人
日本創成会議 座長 増田 寛也
先端加速器科学技術推進協議会 会長 西岡 喬



Completion of the ILC Technical Design Report
The Accelerator and Physics/Detector teams of the International
Linear Collider (ILC) have progressed the design and R&D
works of ILC since their establishment in 2005 and are going to
complete the design report in December this year. In this occasion
an event to celebrate the completion of the design report will be held by

Global Design Effort (GDE),
ILC Research Directorate,
Advanced Accelerator Association Promoting Science & Technology (AAA),
High Energy Accelerator Research Organization (KEK).

Since many participants from media and industrial community are
expected, the participation is limited. We are sorry that we had to
close the registration already.

Date: December 15, 2012 Time: 14:00-16:00
Place: Akihabara UDX Theater → Accsess

ustream Join the Crowd! ILC TV!


Program:
list_002 Ceremony of handing over the TDR (Technical Design Report) and DBD (Detailed Baseline Design).
Jonathan Bagger (ILCSC Chair Person)
(ILCSC: International Linear Collider Steering Committee)
Barry Barish (GDE Director)
Sakue Yamada (ILC Research Director)
list_002 Panel discussion
Moderator: Hitoshi Murayama (Kavli IPMU Director)
Panelists:
Jonathan Bagger
Barry Barish
Sakue Yamada
Atsuto Suzuki (KEK Director General)
Hiroya Masuda (Japan Policy Council Chair Person)
Takashi Nishioka (AAA Chairman)


(with simultaneous translation of both direction English < Japanese)